メンテナンスを行う|ロレックスの修理をする際は高い技術を持った業者に依頼しましょう
作業員

ロレックスの修理をする際は高い技術を持った業者に依頼しましょう

メンテナンスを行う

腕時計

なぜ必要なのか

王冠マークですぐにそれとわかるロレックスはスイスの高級時計ブランドです。ロレックスファンなら定期的にオーバーホールをしている人も多いと思いますが、オーバーホールをしたことがないというユーザーやこれからロレックスを購入するという人のためにオーバーホールとはどういう事なのか説明します。オーバーホールというのは定期的なメンテナンスをする事で、メーカーでは4年か5年毎に行う事を推奨しています。なぜオーバーホールを行うのかというと精密時計はその精度を維持するために最低でも油を注したりパッキンを交換する必要があるからです。特に壊れていなくてもオーバーホールを勧めるのはそのような訳があります。ロレックスのオーバーホールは日本ロレックスで行っています。

高い費用の理由

ロレックスのオーバーホールは費用だけを聞くと高いと感じる人も多いはずです。モデルによりますがポピュラーな時計でも4万円から5万円位します。なぜ高いのかというと手間が掛かるからです。パーツを全てばらして洗浄を行いますし、故障箇所などがあれば部品を交換します。洗浄が終わったら油を注して組み立て直します。この後にはタイミング調整をして外部のケースやブレス部分の研磨を行って仕上げ直しをします。最終的に防水試験と品質検査を行います。調整や検査だけでも数日は掛かりますし、オーバーホール後には2年間の保証が付きますから安心です。一般の時計修理に依頼も出来ますが、ロレックスと同じ検査が全て出来るという修理店はないと考えられますから日本ロレックスに出すのが得策です。